リウマチ、ひざ、骨粗しょう症、腰痛、関節痛、骨壊死のことなら川崎市中原区の武蔵小杉整形外科にお任せください。

整形外科一般、リウマチ・膝関節専門、抗加齢医療

武蔵小杉整形外科

神奈川県川崎市中原区小杉町1-403 武蔵小杉タワープレイス2階

診療時間:9:30~13:00   15:00~18:30(月~
     9:00~13:00  (土)          (日,祝休診)
   労災・交通事故(自賠責)にも対応しております

当院についてのお問い合わせや電話再診をご希望の方ははこちらまでお気軽にお電話を下さい

044-712-4857

腰痛あれこれ

器質的異常と機能的異常

腰痛は、外傷(打撲・骨折・捻挫)や骨腫瘍を除くと、大きく分けて器質的異常によるものと機能的異常によるものの二つに分類されます。前者は痛みの原因が明らかなもので、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰部脊柱管狭窄症、圧迫骨折など、脊柱のどこかが変性し、その機構が破綻したことによって生じる腰痛です。これらは腰痛とともに神経痛をおこして下肢の痛みをともなうことが一般的です。

 一方、原因が明確でない機能的異常による腰痛は、非特異的腰痛とも呼ばれ、脊柱を支える筋肉のバランスの崩れなどによって発生するもので、画像診断(X線やMRI)では診断ができません。重いものを持ち上げた時や腰を捻った時など、思い当たるエピソードがあり、日常動作に支障をきたすいわゆるぎっくり腰も椎間板、筋肉、椎間関節、靭帯などにちょっとした亀裂や損傷、炎症などが起こっていると考えられていますが、実際にどこが原因かはっきりしないことがほとんどです。日常診療に多いのは、この機能的異常によって生じた腰痛です。

 椎骨と椎骨の間にはクッションの働きをする椎間板があり、これが脊椎にかかる負担を吸収・分散しています。椎間板は加齢とともに変性しますので、40歳を過ぎると腰痛を起こす可能性は高くなります。また、加齢によって筋力も低下しますので、特に腰には負担がかかりやすくなり腰痛を起こす可能性は高くなります。さらに、加齢による基礎代謝の低下によって、30歳台と同じ食事をしていると体重が増加し、椎間板や筋肉が弱った腰に負担をかけることになり腰痛を起こす可能性が高くなります。

 

腰痛には様々な原因があります。

*筋・筋膜性腰痛

*椎間板性腰痛

*神経痛(椎間板ヘルニア)

*仙腸関節性腰痛

*椎間関節性腰痛

*骨折(圧迫骨折など)

*その他(帯状疱疹など)

筋・筋膜性腰痛

最も一般的な腰痛です。

片側だけの痛みもあれば両側のこともあります。

ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因の場合には、筋・筋膜を損傷することで動けないほどの痛みとなります。

*傍脊柱筋由来の痛み

  背骨に沿った痛み(paraspinal pain zone)

*腰方形筋由来の痛み

      ベルトラインの痛み(belt-line pain zone)

*中殿筋由来の痛み

       殿部の痛み(gluteual pain zone)

 

右図では、この他にも仙腸関節部痛、殿部痛、

坐骨神経痛を示しています。

腰方形筋由来の痛み

腰椎の両外側に存在し第12肋骨から腰椎横突起、腸骨稜および腸腰 靱帯に向かっていて、おもに 腰椎を左右側に屈する のに働きます(左図)。

また、この筋肉由来の痛みは骨盤の上部の他にも下図のごとく殿部にも痛みが生じることがあります。

坐骨神経痛

下位腰椎の椎間板の膨隆やヘルニア、骨棘、靭帯の肥厚などによって神経が圧迫をうけると殿部から大腿後面、さらには足部にいたる痛み・しびれを伴います。

進行すると、神経の麻痺症状(筋力低下・知覚障害)が出現し、さらには尿勢の低下・頻尿・残尿感など膀胱の神経障害を伴います。もし、麻痺が出現したら脊椎専門外来のある病院にご紹介いたします。

*帯状疱疹による神経痛

左側腹部に生じた帯状疱疹

片側の痛みで、ピリピリするような痛みの時もあり、また動作で悪化する痛みもあります。

痛みが出てから数日から1週間で右図のような赤い発疹が出て、やがて水疱を伴うようになります。

治療は痛み止め、ビタミンB12に加えて抗ウイルス薬の内服が必要となりますので、水泡を伴う発疹をみたらすぐにご来院ください。

もちろん帯状疱疹は腰ばかりでなく、頭から足先まで末梢神経があるところならどこにでも発症する可能性があります。

 

*筋・骨格が原因ではない腰痛

膵臓腎臓など体の後ろにある臓器の炎症、尿管結石、腹部大動脈瘤解離性大動脈、子宮筋腫や子宮内膜症、がんの骨転移など、内臓の疾患によっても、腰痛が起こることがあります。動作によらない安静時にも腰痛があったり、血尿や腹痛を伴う場合、痛みが良くなったり悪くなったりを繰り返す痛み、体調不良や体重減少などがある場合は早めに医師の診断を受けることをおすすめします。

*本当にあった怖い話

私は以前、1年来の腰痛がよくならないといった30代女性の方が、実は乳がんの骨転移であったということを経験しています。その方はずっと代替医療に通われ、そこでは運動不足が原因だといわれ一生懸命腰痛体操をおこなっていたが、むしろ悪化すると初めて整形外科を受診されました。初診時のX線検査で転移性脊椎腫瘍が見つかり、精査の結果、乳がんの骨転移とわかりましたが、すでにそこまで進行していたのです。機能的異常による腰痛でしたら代替医療でも改善の見込みはありますが、それを見極めるのは整形外科医です。X線検査は基本です。まずは器質的変化の有無をチェックしてから体操でよいのか、さらなる精査が必要なのかの判断を専門医に仰ぎましょう。

*ストレスが原因の腰痛

ストレスにより自律神経が乱れ、血流の悪化に伴う筋肉の過緊張が原因と考えられています。また、ストレスが蓄積すると疼痛閾値が下がるために痛みに過敏になってしまい、通常よりも痛みを強く感じるようになるといわれています。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください
来院日当日のお問い合わせにつきましてはお電話でお願い致します。電話再診の場合は、診療状況にもよりますが、後程、こちらから連絡させていただきます。
また、メール返信はパソコンからとなりますのであらかじめ受信拒否設定の解除をお願いします。

お電話でのお問合せはこちら

当院に通院中の患者さんのご病状や投薬内容のお問合わせ、処方箋発行は電話再診としてお受けしております。こちらから治療に関する指示をおこなった場合は電話再診料が、処方箋を発行した場合は処方箋料が発生しますのであらかじめご了承ください。

044-712-4857

電話受付時間:9:15~13:30 14:45~18:30(平日)

                     8:45~13:30(土曜日)

初診受付時間のお知らせ

初診受付時間は18:30までとなりますのでお早めにご来院
いただきますようお願いたします。

混雑状況について

いつも混雑によりご迷惑をおかけしております。祝前日や翌日、土曜日はさらなる混雑が予想されますので、あらかじめご了承ください。

診察時間帯予約について

044-712-4857

お電話にて平日の診察時間帯予約を承っております。お気軽にお電話下さい(メール不可)。土曜日の診察予約は混雑のため承っておりません。

診療時間変更のお知らせ

7月31日(水)の診察受付時間は9:00から13:00までとさせていただきます(午後は休診となります)。皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

お知らせ

8月1日(木)、2日(金)夏季休診となります。皆様にはご迷惑をおかけしますが何卒ご了承くださいようお願い申し上げます。

お知らせ

8月3日(土)は院長不在のため林医師と松尾医師の診察となります。皆様にはご迷惑をおかけしますが何卒ご了承くださいようお願い申し上げます。

夏季休診のお知らせ

8月5日(月)~8日(木)夏季休診とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

年末・年始休診のお知らせ

12月日()~1月日()は年末年始休診とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

重要なお知らせ

アクセス・エレベーター

*武蔵小杉タワープレイスにお入りになりましたら、高層のオフィス棟ではなく、奥にある2階建ての店舗棟までお進み下さい。
*店舗棟エレベーターは郵便局手前を右に入ったところにございます。

※ご注意
土曜日はオフィス棟入口が閉鎖されていることが多いため、外の歩道を奥の店舗棟までお進み頂き、店舗棟用入口からお入りください。

診療時間のご案内

診療日
 

午前×
午後××
診療時間(平日)

午前   9:30~13:00
午後 15:00~18:30

初診受付は18:30までです

診療時間(土曜日)

午前 9:00~13:00
午後 休 診

最終受付 13:00

休診日

土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご相談ください。  
   午前   9:20~13:00
 午後   14:45~18:30
(土曜日   8:45~13:00)

044-712-4857

メールでのお問い合わせはこちらをクリック
(返信は翌日以降となりますのでご注意ください。
また、返信はパソコンメールとなりますのでブロックの解除をお願いします。)

*診察のご予約はお電話でのみお受けしております。

医師、受付(パート)、看護師(パート)を募集しております。
詳細はお電話もしくはメールにてお問い合わせください。

サイドメニュー

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に
当院に通院中の患者さんのご病状や投薬内容のお問合わせは電話再診としてお受けしております。この際、電話再診料(3割負担:216円)が発生しますのであらかじめご了承ください。

044-712-4857

当院についてや当院での治療内容についてなどメールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にお問い合わせください。但し、来院日当日や来院日前日の診療時間以後にいただきましたお問い合わせに関しましては来院予定時刻までに返信できないことがありますことを予めご了承ください。
診察のご予約はお電話にてのみお受けしておりますので
ご注意ください。